サービス残業なしの安定した職場

サービス残業はなし

基本的に、サービス残業は行わないのが三和交通の方針です。残業を行っていながらその手当が支給されないのがサービス残業ですが、三和交通ではタクシー業界で定められた厚生労働省の指示に従って、拘束時間を遵守しサービス残業を行わない方針を貫いています。

 

実際の口コミなどの情報を集めてみても、サービス残業はおろか残業そのものを行っていないという声が多く、プライベートの時間を有効に活用できているという方が多いようです。業務時間内も自由度が高く、その分個人が責任をもった営業を行うことが求められるものの、比較的自由な営業体制であるため働きやすく感じているという声がたくさん見られます。売上によって収入が上下してしまうのはタクシー業界の長所でも短所でもありますが、業務を終えて会社に帰ってくる時間は一定で、その後に何か行わなければならないような業務に追われるという方はいないようです。

 

タクシー業界と残業

そもそも、前述のようにタクシー業界は法規制によって労働時間(拘束時間)が決められています。タクシーの世界では、「昼日勤(日中の勤務)」「夜日勤(夜勤)」「隔日勤務(長時間勤務だが隔日での出勤)」の三種類の労働スタイルしかありませんが、昼日勤と夜日記の場合で月間最大299時間、隔日勤務の場合で月間262時間の拘束しか認められていません。三和交通に限らず、どのタクシー会社であってもこの時間を超えてタクシードライバーを勤務させることは禁止されています。

 

また、隔日勤務の場合は一回の乗務当たり最大21時間(その後は27時間の休憩が義務)と決められており、長時間労働となっても規制がかかります。一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会が公表しているところによると、月間勤務時間は200時間前後を推移しているようです。これは、業務内容が人命に関わるもので、かつ集中力を要するため極度の疲労を伴うような勤務時間や営業形態は認められていません。「業務を終えた後の洗車などはサービス残業に含まれるのではないか」という議論もあるようですが、給与のために目一杯乗務するのではなく、最大拘束時間内に全てを終わらせることで、健全な労働環境を守ることが必要です。

 

まとめ

給与に響くとはいえ、基本的には自分のペースでゆっくり仕事をすることが可能なタクシー業界です。三和交通では、サービス残業なしという法令遵守とともに、社員のための福利厚生を充実させています。

読んでおきたい記事

カテゴリ


PAGE TOP