中途採用・新卒ともに求人が出ている

新卒の採用

新卒であろうと中途採用であろうと、新入社員には適切な研修を行って常にドライバーを教育するのが三和交通のスタイルです。公式サイトを見ると、新卒採用専用のページと中途採用専用のページに分かれていることがわかります。

 

無線配車によって売上を安定させることが可能なため、新卒で入社した社員がベテランのドライバーと同じような金額を稼ぐことも理論可能であり、実際にタクシードライバーの平均年収を稼ぐことはそれほど難しくありません。新卒採用に関しては、公式サイトでどのような業務内容を行っているか、社員へのサポートがあるかなどが詳細に説明されており、新卒の方でもかなりの程度業務内容を把握した状態で面接に挑むことができるでしょう。

 

三和交通では、タクシーを人員輸送のための業務ではなく接客業と位置付けているため、現場体験を持って接客の基本を学び、お客様目線でサービスを提供することを企業理念としています。タクシー事業の運行管理業務や無線局員、営業や育成部門での業務、不動産事業や石油・ガス事業への配属すらもありますが、基本はタクシーでの接客を土台として新人の研修を行っています。

 

中途採用でも安心の業務

中途採用の場合でも、無線配車による予約によって安心して業務を続けられるでしょう。今まで働いていた会社を辞めて、三和交通で新しい営業所に配置される場合、当然それまでのコネや固定客がなくなってしまいます。しかし、三和交通は平均を大きく上回る50%の無線配車を実現しており、固定客がなかったとしても自動で配車するシステムによって常にお客様を乗せることも可能です。これは前述のように安定した収入を得ることとも関係しており、途中入社で三和交通に来たものの、コネがなくて全く稼げないといった事態を避けることを可能にします。

 

車両そのものも全て先進の安全装備が搭載された車両ばかりで、ドライブレコーダーはもちろんのこと、衝突回避自動ブレーキやハイブリッドなどの先進装備が全てに搭載されています。2018年より、ケンウッドと共同で開発を行った、インターネットによって効率的な配車を行うIoT次世代配車システムを導入しており、より一層無駄のない配車や収益サービスを実現しています。

 

まとめ

安心の新人研修と安定した配車サービスによって、新卒でも中途採用でも長く続けられるのが三和交通の業務スタイルです。企業や営業所内容も一般に広く公開されており、事前に中身を調べることが可能です。

読んでおきたい記事

カテゴリ


PAGE TOP