府中営業所周辺の土地やスポットまとめ

府中市の営業所周辺のスポット

府中市の営業所周辺では、比較的広範囲に見所のあるスポットが点在しています。例えば、サントリーのビール工場「東京・武蔵野ブルワリー」では、東京唯一のビール工場として製造過程を見学したり、出来立てのビールを味わうことができます。プレミアムモルツなどの有名銘柄もこの工場で製造しており、工場内ではガイドの案内でその全貌を見学することが可能です。ビジュアルシアターによる映像体験や、大きな蒸留器の稼働状況なども間近で見ることができるため、ビール好きの方でなくても工場見学を楽しめるでしょう。試飲タイムでは生ビールを楽しめるほか、オリジナルグッズや工場直送のビールを購入することもできます。参加費は無料です。

 

「府中市郷土の森博物館」では、野外博物館として14ヘクタールもの広大な土地に展示室と庭園を整えており、考古学的な出土品や歴史、民俗、自然環境、天文学をテーマにプラネタリウムや展示品があり、近代の歴史を示す商屋や校舎などの建造物8棟の他、昔の府中市を全体で再現・表現しています。まるでタイムスリップしたかのような見事な再現ぶりが特徴で、水車小屋や滝などの見どころもあります。梅園では毎年2月に梅まつりを行っており、古き良き時代の雰囲気を存分に味わうことが出来るでしょう。

 

お参りと競馬のスポット

5月の“くらやみ祭り”が有名な「大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)」では、京王線府中駅から徒歩10分で行くことが可能な歴史のある神社です。6柱の神様が奉られている同神社は「六所明神」「六所宮」とも呼ばれ、大変なご利益に預かることが出来るパワースポットとして人気を博しています。樹齢1,000年を超える大イチョウのご神木や、安産のお参りや出産後の“お礼参り”で人気の宮乃刀iみやのめ)神社、無病息災や商売繁盛を願う住吉神社や大鷲(おおとり)神社なども人気となっています。

 

神事に思いを馳せた後は、競馬のすべてが展示されていると言っても過言ではない「JRA競馬博物館」で、美しい馬の姿を深く知るのもいいでしょう。馬そのものは東京競馬場にしかいませんが、等身大のサラブレッドの模型を始め、歴代顕彰馬や競馬という特殊な環境で生きる競走馬の生活、サラブレッドという種類の性質や生育方法などを詳しく学ぶことが可能です。競馬を文化や美術といった側面から楽しむことができ、競馬に興味の無い方でもきっと馬の美しさを堪能できるでしょう。

 

まとめ

府中市は東京都内ということもあり、近場に見どころが多数存在しています。府中の営業所に勤務になった際はぜひ観光も楽しみましょう。

読んでおきたい記事

カテゴリ


PAGE TOP