埼玉営業所周辺の土地やスポットまとめ

埼玉の営業所周辺のスポット

埼玉の三和交通営業所周辺では、「上谷の大クス」がスポットとして有名です。埼玉県で最大の巨木であるクスノキのことですが、越生町の北部の山中に位置し、独特の存在感とスケールで訪れる人を圧倒します。近年、保護のために周辺の木々の整備やウッドデッキが整備され、より快適に巨木を鑑賞することができます。幹周辺は15メートルとも言われ、樹高約30メートル、樹齢は推定で1000年と数えられる、身近に見ることが出来る樹木としては圧倒的な存在感を誇ります。枝だけで大きい街路樹ほどの太さがあり、根元の幹が集合している部分はどっしりとした安定感を感じさせます。日本ではその大きさランキングで15位に位置する巨木で、好きな方は何度足を運んでも飽きることのないスポットです。

 

自然とは打って変わって、「パサール三芳」は関越自動車道にあるパーキングエリアで、高速道路を利用していない方でも立ち寄ることのできる大型のサービスエリアとなっています。関越自動車道東京方面で考えると最後の休憩スポットとなっており、車がなかったとしても東武鉄道株式会社東上線のふじみ野駅から歩いて35分、一般道からもアクセスできる便利なサービスエリアです。フードコートやお土産も充実しており、東京に向かう方が最後の旅路のエネルギーを養うために立ち寄るといった姿がよく見られます。

 

自然を楽しむスポット

上谷の大クスを見る前に「越生梅林」に立ち寄るのもいいでしょう。堂々とした梅が公園中に植えられており、梅の時期には美しいピンクの花を辺り一面に咲かせます。「五大尊つつじ公園」も越生町にある公園で、斜面一面につつじの美しい花を讃える景観が見事です。4月下旬から5月上旬に見ごろを迎え、その時期にはつつじ祭りも開かれます。3ヘクタールの土地に12種類・10,000株のつつじが植えられており、関東でも屈指のつつじを鑑賞できるスポットです。

 

仏教の信仰対象である五大明王を奉る五大尊寺が隣接しており、埼玉県の有形文化財ともなっています。四国の八十八か所を模した霊場ルートも設定されており、パワースポットとしても人気があります。歴史に思いを馳せ、戦死者を悼む場所として「世界無名戦士之墓」も密かな人気を誇っています。第二次世界大戦後に埼玉県庁に安置されていた、身元の分からない御遺骨2百余柱のほかに、ビルマ戦没霊、フィリピン戦没霊の位牌なども収められており、特定の宗派に属さず平等に戦死者を悼む施設として一般に公開されています。

 

まとめ

都心に比較的近い割に、大自然とも呼べる豊かな自然が楽しめる埼玉県は、仕事で訪れるにしても魅力的な街を楽しむことが出来るでしょう。

読んでおきたい記事

カテゴリ


PAGE TOP