ハイヤーサービスも実績豊富

三和交通のハイヤー

三和交通のハイヤーは、特別な移動空間を提供するサービスの実績が豊富で、ビジネスや冠婚葬祭などの場面でフォーマルな移動手段を用意することができます。空港の送迎や観光などに利用することができ、特別な訓練を受けた厳選された乗務員とグレードは車両によるサービスを受けることが可能です。

 

基本料金は最初の2時間が14,000円で、その後30分ごとに2,880円が発生します。詳細は営業所に問い合わせる必要があるものの、公式サイトでアナウンスされているのはこの料金です。車両はトヨタ・クラウンとハイエースが提供されており、通常のタクシーよりも上品で清潔な車内空間が整えられています。トヨタ・クラウンの場合、最大乗車定員数はドライバー1名に加えお客様4名となっていますが、推奨されている人数は2人から3人です。トランクにはスーツケース2個かゴルフバッグ4個が入り、車内は全て禁煙となっています。

 

クラウンは黒と紺のカラーが用意されており、法事などの厳かな場面では黒の車両が、その他の黒では雰囲気が重くなってしまうというような場面では紺の車両が最適です。トヨタ・ハイエースは、ご存知のようにバスのような広々とした空間が自慢で、ドライバー1名に加え、最大で9名の乗車が可能です(推奨定員数は7名)。最後部座席の後ろのスペースにはスーツケース8個かゴルフバッグ4個が収容可能で、こちらも車内は禁煙となっています。

 

ハイヤーとタクシーの違い

ハイヤーは、街で流しているタクシーとは違い個人のために雇う専用の移動手段です。そのため料金もタクシーより割高になりがちで、基本的には営業所を出て業務をこなし、営業所に戻るまでが料金請求の対象となります。その分より上質なサービスを受けられるのが通常で、一般的な認識としても、冠婚葬祭などの移動手段や企業の役員送迎、要人の空港送迎などに用いられるというのが通常です。

 

タクシーであれば、お客様を捕まえる必要があるため目立ちやすい色に塗られているのが通常ですが、ハイヤーは黒塗りや紺で、乗務員も黒のスーツに身を包んでいるのが普通です。不必要な注目を集めないように移動できる上、異動先でお客様を待っている間も仕事に含まれるため、より徹底したサービスを受けることが可能となっています。

 

まとめ

三和交通は、ハイヤーによるより上質で厳格な場面でも使用できるサービスを提供してきた実績があり、この分野でも長年の経験を誇ります。もしハイヤーを利用する必要が生じた場合は、まずは三和交通に問い合わせてみるのがおすすめです。

読んでおきたい記事

カテゴリ


PAGE TOP