まじめにふまじめ!楽しく働く三和交通スタイル

三和交通の社風として垣間見られる“ふまじめさ”

話題を呼ぶような各サービス内容やエイプリルフールの企画を見ると、三和交通の働き方やそのスタイルがユーモアを表そうと努力していることがわかります。堅い社風の企業によくあるような、斬新奇抜を勘違いしたような内容ではなく、どちらかというと力の抜けた内容が垣間見られます。

 

本来の業務であるタクシーの運行や接客に関しては、充実した研修を行い常にサービスのクオリティーの向上を目指した企業努力が行われているものの、三和交通のブログやニコニコ生動画による情報の内容を見ていくと、営業所の具体的な活動内容や社員の方々の人間味あふれる仕事中の様子や日常生活などを公開しており、タクシーの乗車業務を真面目に捉えながら、必要以上に生真面目な働き方をしていないことがわかります。SNSによる情報発信なども積極的に活用しており、実際に三和交通で働くことを考えている方にとっては具体的な雰囲気を見ることができる重要な情報収集ツールとなるでしょう。

 

タクシーの乗車業務も基本的には気楽なもの

そもそもタクシーの乗車業務は、基本的に一人で行う比較的気が楽な業務です。自分でお客様を乗せて意欲的に働かなければ収入が下がってしまうというデメリットがあるものの、一定の給与を保証するための基本給などもあり、メリハリをつけて自分で仕事のペースをコントロールできる、意外なほど理想的な仕事です。
.
それでも、仮に営業所に戻った途端に厳しいや扱われ方をするなどの待遇であれば続けられないと感じてしまうものですが、三和交通では営業所の社員がタクシー車両でレースに参加したり、基本的に先輩後輩といったしがらみをほとんど感じずに業務に就くことができるため、“楽しく働く”という雰囲気を実現しやすいのが特徴です。

 

接客指導や事故撲滅キャンペーンなど真面目な一面も当然あり、責任を持って業務を行っていれば他に求められることはあまりありません。「SP風タクシー」や「超脱臭タクシー」などが示しているように、もしご自分で突拍子もない馬鹿げたような企画の原案を思いついたとしても、上部に提案すれば意外にも採用されるかもしれません。

 

まとめ

メディア活動を積極的に行う三和交通では、斬新なアイデアやタクシー業界に刺激をもたらす一風変わったサービスを重視しています。通常のタクシー業務も日本ハイサービス300選に選ばれるほどのハイクオリティーで、新卒の方でも中途採用の方でも楽しく働くことができるでしょう。

読んでおきたい記事

カテゴリ


PAGE TOP