ネタやジョークのセンスもある会社

独特の企画を手掛ける三和交通

ユーモアのセンスが溢れるのも三和交通の特徴です。「SP風タクシー」や「忍者のタクシー」などの独特なサービスを展開したり、エイプリルフールには毎年タクシーにまつわる変わった車両を公開するなど、斬新で独特なセンスを持った企画がいつも実現されています。三和交通は、そういった一見変わったサービスを提供することで注目度を集めており、それが集客率のアップや実際に働くドライバーたちがお客様から声をかけていただくなど、きちんと結果につながっていることが評価される理由となっています。

 

三和交通は、優れたサービスが革新的な技術を生み出す企業を評価する「日本ハイサービス300選」に選ばれており、ネタやジョークの要素を取り入れた企画を目的をもって成立させていることが、第三者機関にも評価されています。三和交通の、接客やお客様への配慮に対する意識は非常に高いのですが、突拍子もないような企画を行うネタやジョークのセンスもあり、どこか力の抜けたようなスタイルが人気の秘密です。

 

“見掛け倒し”にこだわる内容

「SP風タクシー」は、「黒子のタクシー」から発展したものとされています。黒子のタクシーは、人力車のモチーフをタクシーを取り入れたユニークなサービスで、ドライバーは黒子の衣装に身を包み、基本的には筆談でコミュニケーションを交わします。それが反響を呼んだことからSP風タクシーの発想に至り、完全に見掛け倒しのガードマンが、タクシーのサービスを全て行うという“ツッコミ要素”満載のサービスとなっています。

 

「忍者でタクシー」もこのユニークなサービスの一環で、忍者風の衣装に身を包んだ乗務員が“忍者用語”で接客を行います。これには本山での忍者修業も含まれており、選出された乗務員たちがわざわざ滝修業や手裏剣の扱い方を学び、無駄に時間をかけて特訓を積んでいる様もYouTubeで公開されています。これには費用や時間がそれなりにかかっていますが、それを良しとする企業姿勢が既にユーモアに溢れているとも言えます。面白みのないタクシー業務を盛り上げるという目的もあるようで、見る人をクスリと笑わせるような脱力感が魅力です。

 

まとめ

三和交通のネタやジョークのセンスの優れているところは、前述のように集客率のアップなどの結果につながっているところです。ふざけたような力の抜け具合も魅力ですが、業績にもプラスの効果をもたらしているとなると一定の評価を得るのも納得できます。

読んでおきたい記事

カテゴリ


PAGE TOP